転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!

転職回数が多いと転職は不利?


転職回数が多いと転職は不利?

転職回数が多くても転職を成功させるポイント

よく転職回数が多いと転職は不利になるといわれますよね。

確かに短い期間で何度も転職を繰り返してしまうと企業には良い印象を与える事はできません。

「採用しても長続きしないだろうな・・・」
「飽きっぽい性格なのでは・・・」
「働く気がないのでは・・・」

といような悪い第一印象を持たれてしまいます。

転職を繰り返している明確な理由があって、その理由をしっかり企業に伝える事ができれば印象を変える事ができますが、安易な考えで就職・転職を繰り返している人は企業に良い印象を与える事ができないため不利になってしまうんですね。

意味のある転職をしている人は有利

転職を何度も繰り返している人の中にはしっかり転職を成功させている人も多いです。

それは先ほど述べたように転職する明確な理由があるからです。

例えば、キャリアアップやスキルアップが目的で転職をしている人はしっかりとした目的を持って転職をしているので仕事に対する意欲、姿勢を企業にアピールする事ができます。

企業の中には将来的なキャリアプランを描けているのかという事を評価してくれる所も多くあり、このような明確な理由で転職があれば企業には悪い印象を与えません。

しかし、企業の考えや方針が自分に合わない、仕事がつまらない、周りの社員さんとうまくやっていけない、という理由で転職を繰り返している人は注意してください、

ネガティブすぎる退職理由・転職理由は企業に良い印象を与える事はできません。上記でも述べたように、こうした転職理由は悪い第一印象を与える事になります。

第一印象で悪い印象を与えてしまうと、その悪い印象を払拭する事は難しいです。その結果、採用をもらう事が難しくなるんですね。

ですので、転職回数が多くても意味のある転職をしてきたという事をしっかり伝える事が大事です。

ネガティブな転職理由ではなく、ポジティブな転職理由で転職をしてきたという事をしっかり企業に伝えるようにしましょう。

転職回数が多い場合は職務経歴書でこれまでのキャリアをしっかりアピールする!

要点をまとめ、わかりやすく自分をアピールする!

なぜ転職回数が多いのかを企業にしっかり伝えるには履歴書だけではうまく伝える事はできません。

職務経歴書もしっかり作成して、これまでのキャリアや転職理由を伝える事が重要です。

以下に職務経歴書を作成する時に大事になる事をまとめてみました。

自分の事やこれまでのキャリア、転職理由を細かく企業に伝えようとして長々と職務経歴書を作成するのはNGです。

企業の採用担当者は多くの応募者の中から人選を行います。多い時には何十通、何百通という履歴書や職務経歴書に目を通す事になります。

全ての履歴書、職務経歴書に隅々まで目を通す事はほとんどありません。長々と文章を書いてしまうと途中で見るのを辞めてしまう可能性があるんですね。

ですので、職務経歴書を書く時は要点をまとめ、分かりやすく文章を書いていくことが大事です。

自分のアピールポイント、伝えておきたい事をまとめ、簡潔にいままでのキャリアを説明していきましょう。

実績が一番、説得力がある!

これまでのキャリアを説明する時、実績が一番説得力があります。

努力してきた事、その結果どうなったのか、という実績を数字や過程を交えて伝えていけば自分のキャリアをしっかり企業にアピールする事ができます。

いままでのキャリアを振り返り、なにかアピールできる実績は積極的にアピールしていきましょう。

転職でステップアップしてきた事を伝える!

上記でも述べましたが、意味のある転職をしてきたのであれば企業にそこまで悪い印象は持たれません。

転職をして何を得たのか、どんな風に成長する事ができたのかも必ず伝えていきましょう。

どのような仕事を担当したのか、役職はついたのか、仕事に対する考えがどう変わったのか、などの事を明記して転職でステップアップしてきた事をしっかり伝えましょう。