転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!

転職したいけど何がしたいかわからない・・・


やりたい事が明確になっていないと転職は失敗します!

やりたい事が明確になっていないと企業の採用担当者に疑問を持たれてしまう

やりたい事が決まっておらず、「なんとなくこの仕事をしたい」というなあなあな考えでは転職を決める事はできません。

なぜなら、なあなあな考えでは企業の採用担当者に多くの疑問を持たれてしまうからです。

なんとなくこの仕事がしたい、なんとなくこの企業に転職をしたい、という気持ちだと、

「本当にこの仕事をしたいのか?」
「なぜうちの企業に就職したいのか?」
「仕事への意欲が感じられない」

というような疑問を持たれてしまうんですね。どれもマイナスな印象です。人選時にひとつでもマイナスの印象を持たれてしまう採用をもらえる確率は下がってしまいます。

その上、なあなあな考えで仕事探しをしてしまうと志望動機や自己PRもうまく作成することはできません。志望動機や自己PRは採用の判断材料になるものです。説得力のない志望動機や自己PR、企業の採用担当者に突き刺さらない志望動機、自己PRでは採用担当者に与える印象も薄く、自分の事もしっかりアピールする事はできません。

これでは採用をもらう事はできません。

転職を決めるにはやはり、自分がしたい事が明確になっているということは必須条件です。

やりたいことが明確になっていれば、なぜその仕事を選択したのか?なぜその企業に転職したいのか?という問いに明確に答える事ができ、その答えにも厚みが増し、仕事への意欲も同時にアピールしていく事ができます。

その結果、企業の採用担当者に少しでも興味を持ってもらえる事ができ、書類選考や面接を突破できる可能性が高くなります。

このように転職を成功させるためには自分のやりたい事をしっかり明確にすることが重要になるので自分のしたい事を明確にしてから仕事探しを行なうようにしましょう。

転職したいけど何がしたいかわからない・・・そんな悩みを抱えている方へ

やりたい仕事を見つけるにはどうすればいいの?

今の仕事を辞めて転職したいけど何がしたいかわからない・・・。

このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

期待を胸にふくらまして就職したけど、

『実際に働いてみると自分の想像と違った・・・』
『仕事がきつくて嫌になった・・・』
『もうこの業界では働きたくない・・・』

このような理由で転職を考えた時、次にやりたいことを見つけなければなりません。

私も実際にこのような経験があります。

私は高卒で飲食の世界に飛び込みました。幼い頃から料理が好きで、すぐに現場でスキルを身に付けたく、専門学校や大学に進学しないで高卒ですぐに就職しました。

しかし、実際に現場で働いてみると本当に過酷な毎日で、料理を楽しむ事ができなくなってしまったんですね。

この先、定年までこんな環境で働き続けたくない。そう思って転職を考えましたが、次に何がしたいか全くわからなかったのです。

現在、私と同じ状況に陥っている人は少なくはないとないと思います。やりたい事が見つからなければいつまでも今の状況から抜け出す事はできません。

ここではやりたい仕事の見つけ方をご紹介しています。現在、転職したいけど何がしたいかわからないという悩みを抱えている方に是非、参考にして頂きたいと思います。

やりたい仕事を見つける方法

自己分析をする!

自分に合った仕事を見つける時、自己分析を行なう事は必須です。

自己分析を行う事で自分がどんな人間なのか、特技や趣味、長所や短所、どんなことにやりがいを持てるのか、などのことを知る事ができます。

自分の事を知った上でやりたい仕事を探した方が自分に合った仕事は見つかりやすいです。

ただ闇雲に求人探しを行なうよりもまずは自己分析を行なって、自分の事をしっかり把握してから求人探しを行なうようにしましょう。

どうやって自己分析を行なえばいいの?

自己分析を行う時、まずは自分史を作成してみましょう。

これまでの学歴や経歴だけではなく、今までの自分を振り返り、どんな事に打ち込んできたのか、どんな事にやりがいを感じていたのか、どんな事を率先してやってきたのか、などの事をピックアップして自分史を作成していきましょう。

そして、その中から自分の性格や長所、短所などを探っていきます。

これまでの自分の経歴や学歴を棚卸して自分史を作成することで自分がどんな性格なのか、どんな仕事を好んでいるのか、どんな仕事に興味を持っているかを知る事ができ、仕事と照らし合わせていけば自ずと自分に合った仕事を見つける事ができますよ。

また、自己分析をする時、第三者に協力をしてもらうといいでしょう。

家族や友人など親しい関係にある人ならあなたの性格や人間を知っています。もしかすると自分では思っていないことに気付くこともあるので第三者に自分がどう映っているのかも確認してみましょう。

仕事選びで大事なのは『どんなスキル・経験が積めるか』

自己分析を行なったことで自分に合った仕事がある程度見えてきたでしょうか。

次に考えてほしい事は『どんなスキル・経験が積めるか』という事です。

身に付けられるスキルや経験次第であなたの将来は大きく変わってきます。

ただ自分がやりたい仕事をやるということだけではなく、将来を見据えることも大事なんですね。

5年後、10年後のキャリアプランを考え、描いたキャリアプラン通りにキャリアを積んでいくにはどう働いていけばいいのかを見極めましょう。

そうする事で目標を達成するために必要になるスキルと経験を知る事ができ、仕事探しはよりスムーズに行う事ができるでしょう。

転職エージェントに相談してみる!

転職エージェントはキャリアプランの提案をしてくれる!

転職の心強い味方になってくれるのが転職エージェント。仕事探しに困っている人にも転職エージェントは心強い味方になってくれます。

転職エージェントには転職をサポートしてくれ専任のコンサルタントがいます。

専任コンサルタントはあなたのこれまでの学歴や経歴、人間性などをトータルに考えてあなたにピッタリのキャリアプランを提案してくれます。

また、仕事探しの悩みや不安などにも的確にアドバイスをくれるので転職したいけど何がしたいかわからないという悩みを抱えている人にとって頼もしい味方になってくれますよ。

専任コンサルタントは転職サポートのプロです。これまでに何人もの人を転職成功に導いてきた実績をたくさん持っているので頼りにしてもいい存在です。

転職エージェントの利用にお金は一切、かからないので現在、転職したいけどやりたい仕事が見つからないという方には是非、転職エージェントを利用して自分にピッタリのお仕事を見つけてほしいと思います。

専任コンサルタントが在籍している転職エージェントはココ!

キャリアプランを提案してくれる専任コンサルタントが在籍している転職エージェントの中でおすすめの転職エージェントとしてご紹介したいのが、以下の転職エージェント。

⇒リクルートエージェント
⇒マイナビエージェント
⇒DODA

この3つの転職エージェントに登録すると、あなた専任のコンサルタントが付き、キャリアカウンセリングを通して転職活動をバックアップしてくれます。

あなたの性格やこれまでのキャリア、短所や長所、特技、趣味などを把握した上でキャリアプランの提案、お仕事の紹介をしてもらえるのでやりたい事が見つかっていない方でも自分がやりたい事、自分に合った仕事を見つける糸口を作ってくれます。

上記でも述べましたが、転職エージェントの専任コンサルタントは転職サポートのプロです。様々な視点からアドバイスを受ける事ができるので転職の心強い味方になってくれる事は間違いありません。

転職エージェントはすべて無料で利用する事ができるので利用して損をする事はなにもありません。むしろ、様々な転職サポートを受ける事ができ、転職の成功確率が大幅にアップするので利用する価値は十分にありますよ。

現在、自分のやりたい仕事が明確になっていないという方には是非、上記でご紹介した3つの転職エージェントを利用して自分が本当にやりたい仕事を見つけてほしいと思います。

【関連ページ】
30代の転職は難しい?30代が有利に転職を決める方法
20代後半 2回目の転職 押さえておきたいポイント
20代の転職をバックアップしてくれるおすすめの転職エージェント
20代 転職に失敗しやすい人の特徴
フリータ-からの転職を成功させている人の特徴と共通点