転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!

会話が苦手な人は面接は不利?


会話が苦手でも面接は不利にはならない!

言葉ではなく、入社したい熱意を伝える事が重要!

現在、面接を控えている人の中には、

「会話が得意ではない・・・」
「うまく話すことができない・・・」
「人と話すのが苦手・・・」

という悩みや不安を抱えている人もいる事でしょう。

話す事が苦手だったり、会話に自信がないとどうしても面接は不利だと感じてしまいますよね。面接はコミュニケーションを取る場でもあるので不安を抱えてしまうのは当然の事です。

でも、不安になることはありません。会話が苦手だからといって面接が不利になる事はないので安心してください。

実際に会話が得意な人やプレゼンがうまい人でも面接に落ちる事はあり、こうした人が面接に有利なのかというとそうではありません。

面接で一番大事なのは、「この会社に入社したい!」という気持ちを伝える事です。口下手な人でも「この会社に入社したい!」ということは伝えられますよね。

この会社に入社してやりたい事がある、こんなスキルを身に付けたい、ということを自分なりの言葉で精一杯伝えてください。

言葉関係なく、入社したい熱意をしっかり企業に伝えることができれば面接官には好印象を残す事ができます。

プレッシャーから余計に話しづらい、考えれば考えるほど頭の中がパニックになってしまう、という事もあると思いますが、上記でご紹介してきたように言葉は関係ありません。

入社したい熱意をしっかり伝える事を意識して、自然に出てきた言葉を使っていきましょう。口下手人でも、会話が得意でなくてもこの熱意は伝える事ができると思います。

企業の面接官も人選のプロです。質問に対しての答えや志望動機、自己PRを見て、その人がどのくらい熱意を持って求人にエントリーしてきたのか見極める事ができます。

会話が不得意であっても入社したい熱意を伝える事ができれば採用をもらう事はできます。

ですので、会話が不得意、話すのが苦手、という事は気にせずに、入社したい熱意を伝える事を第一に考えてほしいと思います。

でも面接対策は怠らずにしっかりしておきましょう!

でも面接対策は怠らずにしっかりして行なう事が必須です。

会話が苦手な人や口下手な人でも事前に言葉を考えておく、質問の答えを用意しておく、面接のイメージをしておけばスムーズに面接を受ける事ができます。

志望動機や自己PRの内容を頭に入れておく、質問の答えをいくつも用意して頭に入れておくなどして面接本番に備えましょう。

面接対策をする時、最も効果的なのが模擬面接で面接に慣れるという方法。

家族や友人に協力をしてもらい、実際に面接を受けているように模擬面接で面接の雰囲気、受け答え、一通りの流れを事前に把握しておきましょう。

そする事で面接本番を迎えた時、落ち着いて面接を受ける事ができます。

この模擬面接を何度も行なって面接を受けるか、なにもしないで面接を受けるのかでは大きな差がでるので面接を控えている人や会話が苦手で面接が不安という人は是非、模擬面接を行なってから面接に挑んでほしいと思います。