転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!

面接を受ける時、事前に整理してほしい5つの事


面接前に必ず整理しておきたい事

今までの「経験」をしっかり整理する!

面接時、あなたの今までの経験は必ず聞かれます。

履歴書や職務経歴書で自分の経歴や職歴を伝えてあるからと安心してはいけません。

自分の言葉でこれまでの経歴、職歴を話せるように準備しておきましょう。

この時にポイントになる事は、これまでの経験をただ伝えるだけではダメです。これまでの経験をただ伝えるだけでは履歴書や職務経歴書と同じに内容になってしまいます。

これでは面接官になにもアピールできる事がなくなるので履歴書や職務経歴書に書いた内容に+αが必要です。

履歴書や職務経歴書に書ききれなかった事やアピールしたい事は自分の言葉で伝えた方が相手に伝わります。ここの部分をしっかり整理して面接官に伝えることができれば、あなたの可能性や将来性、ポテンシャルに興味を持ってもらえる可能性が出てきます。

そして、「今、出来ること」と「今後やりたいこと」を明確にしておくことも忘れずに。転職先で自分にはなにができるのか、どんな事に貢献できるのか、どんなスキルを身に付けていきたいのか、将来的にどうなりたいのか、を明確して伝えることができれば仕事への意欲をアピールする事ができプラスの評価に繋げることができるでしょう。

また、不足しているスキルに関してはどのような方法論で身に付けていくか、出来るだけ具体的なキャリアプランニングを考え、就業後に自分がまず行う事も明確にしてほしいと思います。

自分の「強み」を整理する!

自分の強みをアピールする事ができなければ面接をクリアする事ができないと思ってください。

「自分の強み」というのは「自身のオリジナリティ」に言い換える事ができます。

他人にはない自分の強み、他の人には絶対に負けない強み。これがあなたのオリジナリティになり、大きな強み、そして、武器になります。

これまでの人生を振り返り、自分のココがスゴイ、自分のココはアピールできる、ということをピックアップしてみましょう。スキル面、人間性、なんでもいいです。アピールできると思った事は積極的にアピールして自分がどんな人間なのかを面接官に伝えていきましょう。

今後の「方向性」を整理する!

面接時、今後の方向性を示すことも採用の大きなポイントになってきます。

「今後どのような仕事をしていきたいのか」「今後、どのようなスタンスでビジネスに取り組んでいきたいのか」を整理して明確にしておくことは必要です。

その場しのぎの返答ばかりをしないで、返答に今後の方向性を織り交ぜてみましょう。

例えば、

「新しく身に付けたスキルを十分に活かして御社の売上アップ、利益アップに貢献したい」というような言い方もできますし、「積極的にスキルを見に付け、自身の成長、そして御社の成長に役立てたい」というような言い方もいいでしょう。

また、スキルだけではなく、人間性に関することでもいいです。企業研究を行なえばその企業の特色や社風がわかります。その事と自身の成長を掛け合わせて、将来的にはどんな人間になりたいのかをアピールしてもいいです。

今後の方向性を明確にできていれば、将来の事をしっかり考えている、将来を見据えた転職を望んでいる、転職目的が明確、という印象を面接官に与える事ができるのでプラスの評価に繋げることができます。

企業研究を入念に行い「企業の動向」を整理する!

面接まで進んでいる人は企業研究をもうすでに行なっていると思いますが、念には念を。再度、企業研究を行ない、企業の最新の動向などを必ずチェックして把握するようにしましょう。

面接時に企業のことは高い確率げ聞かれます。

「なぜ弊社に就職したいのか?」「他の企業ではなくなぜ弊社を選んだのか?」「弊社でなにがしたいのか?」このような質問は高い確率で聞かれます。

この時、企業研究を入念に行い、企業の事を把握していれば「御社でなければならない理由」「他社にはない御社の魅力」などの事を明確にすることができ、面接官が納得できる答えを作ることができます。

面接官は抽象的な答えより、具体的な答えを評価します。御社でなければいけない理由を具体的に伝える事で仕事への意欲を見極めている部分もあるので、面接を受ける前には必ず企業研究を行いましょう。

また、企業研究を行なう事で企業が求めている人物像も把握する事ができます。企業が求めている人物像がしっかり頭に入っていれば質問に対する答えも作りやすいので入念に企業研究を行なって面接に備えましょう。

「転職理由」についてしっかりと整理する!

面接の事前準備として、「転職理由を整理し、簡潔に、かつ前向きにその理由を伝えらる用意」をしておきましょう。

企業に対して不満があったから、待遇が悪いから、給料が低いから、というようなネガティブな転職理由ではなく、あくまでもキャリアアップやスキルアップ等、前向きな転職理由を用意することが大切です。

キャリアアップやスキルアップなどが転職目的なら面接官には「仕事に対して前向き、意欲がある」という印象を与える事ができ、より具体的な転職理由を伝える事ができればプラスの評価に繋げることができます。

転職理由は志望動機で伝えていると思いますが、再度、転職理由を確認して自分の言葉で伝えられるように準備をしておきましょう。