転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!
転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介! > 面接対策 > 面接では話す内容、話し方、伝え方にも注意する事!

面接では話す内容、話し方、伝え方にも注意する事!


話す内容、話し方、伝え方次第で面接官の評価は変わる!

話は論理的にかつ短く!

面接時、話をまとめ、簡潔に話すということは必須になります。

面接に設けられている時間は一人に対して約20前後、企業によって異なりますが大体が20分前後で面接が行われます。

この短い時間でいかに自分をアピールするか、自分のことを知ってもらうかが採用・不採用の大きな分かれ道になります。

企業もこの短い時間でいかに自分をアピールできる人材なのかを見ていますし、アピールの仕方も見ています。

要点がまとまらず、ダラダラと話しているとあっという間に時間は過ぎ、自分の事をアピールできないまま面接が終了してしまいますので面接時には論理的にかつ短く話すということが必須になります。

こういった話し方をすることで職種によっては有利になる事も。特に営業のお仕事や接客のお仕事、コンサルなどのお仕事ではココの部分を見られている事があり、論理的にかつ短く物事を伝えられる人は高い評価をもらうことができるでしょう。

うまく話をまとめられて簡潔に話す事ができる人はコミュニケーションを取りやすい、プレゼン能力がある、会話力があるという印象を面接官に与える事ができ、仕事に対して適正か不適正かを判断しやすくなります。

面接を受ける際、事前に面接の内容を予測し、その質問に対する答えを用意しておきましょう。また、自分がアピールしたいこと、面接官に伝えたい事も一緒にピックアップしておきましょう。

面接対策をしっかり行なって面接に挑めば、どんな質問がきても論理的にかつ短く話す事ができるようになりますので、行き当りばったりで面接を受けないでしっかりと対策を行い、事前に質問の答え、伝えたい事をピックアップしておきましょう。

話はできるだけ具体的に!

面接時、具体的に話すということも非常に大事になります。抽象的な内容だと相手になにを伝えたいのかがはっきりせず、アピールしたい事もできなくなってしまいます。

この具体的に話すということは面接の時だけではなく、実際に働いている時にも必要になることで具体的に物事を話していかないと仕事にも大きく影響がでてきます。仕事の効率、コミュニケーション、人間関係に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、具体的に物事を考えられる人が社会には必要とされ、面接時に具体的に物事を考えられる、具体的に物事を伝えられる、ということをアピールしていく事も重要だということを頭にいれて面接に挑みましょう。

面接時に特に具体的に伝えていきたいことは志望動機と自己PR。

例えば、

×「御社の企業理念に興味を持っているからです。」
○「御社の企業理念の○○であるところに魅力を感じ、ぜひ御社にて△△したいと感じたからです。」

このようにただ興味があるから御社に入社したいというのではなく、企業のどこに魅力を感じたのか、入社後にこんなことがしたいから、というところまで具体的に説明する必要があります。

興味があるから入社したい。これでは抽象的すぎて面接官には「なぜうちの企業を選んだのか?」「他の企業でもいいのでは?」という疑問を持たれてしまいます。

この疑問をなくすためにも具体的に志望動機を作成して、具体的に物事を伝えることが重要になります。

自己PRも一緒でただアピールしたい事だけを伝えるのではなく、入社後にアピールしたことをどう活かしていくのか、アピールした事をどう仕事に結び付けていくのかを明確にして面接官に伝えていきましょう。

そうすることで自分が伝えたい事が面接官に伝わりやすく、自分がどんな人間なのか、仕事に対する意欲がどのくらいあるのかを知ってもらう事ができます。