転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!

面接で必要になるビジネスマナー


面接ではビジネスマナーが身に付いているかも見られている!

話し方・聞き方のマナー

話し方、聞き方に関するマナー。面接を受ける際には必ず身に付けておきたいマナーですね。このことは社会人に必要最低限のマナーにもなるので話し方、聞き方のマナーを身に付けていないと面接クリアは難しいと思ってください。

話し方・聞き方のマナーが身に付いていなければコミュニケーションを取ることも難しくなりますし、相手に与える第一印象も悪くなります。

社会人にとってコミュニケーションが取れない、相手に与える第一印象が悪い、ということは致命的なことになるので必ず話し方、聞き方に関するマナーは身に付けてから面接に挑むようにしましょう。

挨拶、話す時の視線・表情、言葉遣い、話し方、敬語、聞く姿勢など、身に付けなければならない事は多々ありますが、このビジネスマナーを身に付けていなければ採用をもらう事はできません。

持ち物のマナー

面接時の持ち物は、必要最低限に収める事が必要。

スマホ、筆記用具、ビジネスバッグ、その他(企業に指定されて持ち物)のみにしましょう。

スマホはもし万が一、なにかあっ時に企業に連絡する唯一のアイテムですし、地図も見れたりするので便利です。ただ、面接を受ける際には必ず電源を切るようにしましょう。マナーモードでもダメです。完全に電源を切って面接を受けるようにしましょう。

筆記用具に関しては社会人として必須アイテムになるので必ず持ち歩き、メモをとることができるノートやスケジュール帳も一緒に持参することをおすすめします。

NGな面接のマナー

質問を聞かない・質問を遮る・質問と違う答えを返す

当たり前のことですが、質問を聞かない・質問を遮る・質問と違う答えを返す、という行為は面接では絶対に行なってはいけません。

落ち着いて質問聞き、質問に答える時も決して焦ってはいけません。緊張のあまり頭が真っ白になってしまうといついついこの3つの行為を行なってしまうという事もありますが、落ち着いて質問の受け答えをするという事を意識して面接に挑んでほしいと思います。

遅刻する・早く着きすぎる

面接に遅刻をするのが厳禁です。遅刻をした時点で不採用と思ってください。

時間を守る、時間に余裕を持って行動する、これは社会人に必要な最低限のマナーです。

入社前にこうした失態をしてしまうと大きなマイナス評価になるので時間に余裕を持って行動することが必要です。

面接を控えているなら事前に企業の場所をしっかり調べ、家から何分で行けるのか、交通手段はなにか、最悪のタクシーで向かうと何分かかるのか、という事まで頭に入れておきましょう。

また、面接会場に早く着き過ぎるのもNGです。あなたの前に面接を行なっている人がいるかもしれませんし、面接官も時間を割いて面接を行なっている可能性もあるので面接の10分~5分前に会場に着くようにするのがベストです。

もし、早く着き過ぎた場合は面接会場の近くで面接の最終確認、対策を行うなどして空いた時間を使って面接対策を行なう事をおすすめします。

身だしなみに清潔感がない

面接を受ける際、身だしなみを整え、清潔感のある服装、髪型で面接に挑むことは必須です。

身だしなみで第一印象は大きく変わります。

シワシワのスーツやシャツ、ボサボサの髪型では面接官に与える第一印象は最悪なものになってしまいます。

第一印象で悪い印象を持たれてしまうと大きなマイナス評価になってしまい、それが身だしなみなら尚更です。

清潔感のある身だしなみ。これも社会人には必要最低限のマナーになるので清潔感のある身だしなみで面接に挑むという事は必ず頭に入れておきましょう。