転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!
転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介! > 転職ノウハウ > 転職をして年収アップできる人とできない人の違い

転職をして年収アップできる人とできない人の違い


年収アップが目的の転職をお考えの方へ

転職をして年収をアップさせるには!?

現在、年収アップを図るために転職を検討されている方も少なくはないと思います。

  • 『今よりももっと稼ぎたい!』
  • 『このままの年収じゃ満足できない!』

このうような理由で転職を考えている人、あるいは結婚したから年収アップを図りたいという人もいる事でしょう。

年収アップが目的の転職。安易な考えで転職をしてはいけません。

もし転職に失敗してしまうと年収アップどころか年収がダウンしてしまうこともあるので注意が必要です。そして、一度、転職にしてしまうと路頭に迷ってしまう恐れもあるので年収アップが目的の転職は慎重に行いましょう。

後になって後悔しても過ぎた時間は戻ってきません。1度の転職で納得できる転職を行うためにも転職のポイントをしっかり押さえた上で転職をスタートしましょう。

ここでは転職をして年収アップできる人とできない人の違いをご紹介しています。

転職をして年収アップに成功している人の共通点

将来を見据えて転職活動を行なえる人

転職はそう何度も繰り返していいものではありません。

基本的にはひとつの企業に最低でも3~4年は勤め、転職を際にも意味のある転職(キャリアアップ、年収アップなど)を行なわなければなりません。

ひとつの企業で長期に渡って働き続けるためにも、意味のある転職をするためにも、しっかり将来の事を見据えた転職を行なわなければなりません。

決してその場しのぎの転職ではなく、5年後、10年後の事を考えながら転職をする事が必須です。そうすることで確実にキャリアを積んでいく事ができ、今までに積み上げてきたキャリアが年収アップに繋がります。

競争率の高い選考を勝ち抜ける人

年収アップが目的の転職には競争者も多くいるということを頭に入れておきましょう。

高年収求人やハイクラス求人にはやはり人気が集まります。応募者も多く、求人によって競争率が高い時もあるんですね。

競争率が高ければ高いほど採用をもらえる確率は低くなります。競争率が高い中で採用を勝ち取るにはやはり、それなりの人材でなければダメだという事。

ただ求人にエントリーして履歴書を作成する、という単純な転職活動ではなく、他のエントリー者が行なっていない転職活動を行なって行く事が重要です。

今では転職をサポートしてくれる転職エージェントもたくさんあるのでそういった機関をフル活用するのもいいでしょう。転職エージェントは転職サポートのプロになるので競争率が高くても採用を勝ち取る方法を知っています。

転職に役立つ情報や転職ノウハウをしっかり収集しながら転職活動を行なって行く事ができるので採用をもらえる可能性は高くなります。

現在、年収アップが目的の転職をお考えの方には活用できるものはすべて活用して有利に転職活動を行なっていくことをおすすめします。

転職をして年収アップできない人の共通点

年収アップをする事だけを考えて転職をしている人

年収アップが目的の転職ですと、当然、年収をアップさせる事が目的になってきますが年収アップの事だけにとらわれていては転職に失敗する可能性があるんですね。

求人サイトなどで求人に目を通してみると、高年収求人を多々見つける事ができます。

高年収求人は年収アップを図りたいと思っている人にとってはとても魅力的な求人になると思いますが、年収だけで転職先を決めてはいけません。

仕事内容もしっかり確認して自分に合った仕事なのか、この先も長期に渡って働き続ける事ができる仕事なのかを見極めなければなりません。

これまでのキャリアを生かす事ができる転職先なら大丈夫だと思いますが、未経験の職種への転職だとここの部分をしっかり見極める事ができなければ転職が失敗してしまう可能性が高いです。

転職に失敗してしまうと、またすぐに転職を行なわなければいけないハメになり、あなたのキャリアにキズが付きます。最悪の場合には1回の転職失敗が今後の社会人人生を大きく狂わしてしまうケースもあるので年収アップ、高年収だけにとらわれないでその仕事全体をみて自分に合った仕事なのかを見極めてから求人にエントリーするようにしましょう。

そもそも年収アップの転職を甘く考えている

景気が回復している現在、以前と比べても求人の数は増えています。そして、転職をサポートしてくれる転職エージェントや転職サイトも数多く誕生しているので転職を行いやすい環境は整っていると言えます。

高年収求人も多く見つける事ができますが、転職を安易に考えていると年収アップが目的の転職は成功しないので注意してください。

高年収とひとことで言っても企業によって年収の額は様々。年収500万円以上になると高年収と言われ、年収500万円以上の求人を見つけて採用をもらう事ができれば年収アップを達成する事ができます。

しかし、年収500万円というお金はそう簡単に稼げるお金ではありません。企業は年収500万円以上の人材にはそれなりのキャリア、スキル、実績を求めます。

年収をアップさせたいからと言っても自分に企業が求めるキャリアやスキル、実績がないと採用をもらう事はできません。

やはり年収500万円以上を稼ぐにはそれなりのものが必要になるという事です。

年収アップが目的の転職をする時はこうした事も頭に入れて、自分のキャリアやスキルに見合った年収を稼げる求人を探すことも必要になります。