転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!

職歴なしのフリーターからでも就職は可能?


職歴なし・社会人経験なしからでも就職はできます!

フリーター就職の心強い味方になってくれる就職支援サービス

現在、職歴なしから正社員就職を目指しているというフリーターさんもいると思います。

今までに働いた経験がない。社会人経験がない。という状況からの就職は可能なのでしょうか?

まず、結論から言いますと、職歴なし・社会人経験なしという状況からでも正社員就職は可能です。

特に20代の方は就職できる可能性は十分にあるでしょう。30代以降になると難しくなりますが、就職ポイントをしっかり押さえた上で就活を行えば就職を決める事はできます。

今ではフリーターの就職を支援してくれる就職支援サービスも数多く誕生していて、就職支援サービスをうまく活用して就職成功を掴み取っているフリーターさんは多くいます。

就職支援サービスを利用することでフリーター向けの正社員求人を豊富い見つける事ができますし、就職に役立つ情報や就職ノウハウも無料で収集することができます。

就職支援サービスは就職の心強い味方になってくれることは間違いないので、たとえ職歴なしのフリーターからでも有利に就職を決める事ができるでしょう。

就職を目指しているフリーターさんにおすすめの就職支援サービスとしてご紹介したいのが、

就職の心強い味方になってくれる就職支援サービス
  • 就職Shop(リクルートが運営している就職支援サービス!)
  • DYM就職(就職成功率96%!)
  • ジェイック(無料就職セミナーなど独自のサポートが特徴!)

この3つの就職支援サービスです。

いずれも豊富な就職支援の実績を持っていて、毎年多くのフリーターさんがこれらの就職支援サービスを利用して就職を決める事ができています。

職歴なしという不利な状況でも就職支援サービスをフル活用することで有利に就活を進めていくことができるので現在、職歴なしから就職を目指しているフリーターさんには是非、上記でご紹介した3つの就職支援サービスを利用して就職を決めてもらいたいと思います。

就職支援サービスを利用するメリットってなに?

就職支援サービスを利用するメリットはたくさんあり、こんほメリットの多さが就職成功へと導いてくれるんですね。

就職支援サービスで受けられるメリットは以下の通り、

就職支援サービスを利用するメリット
  • キャリアカウンセリング
  • 求人の紹介
  • 履歴書の作成サポート
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 企業との交渉(給料や待遇、条件など)
  • 就業後のアフターフォロー

これだけのサポートを受ける事ができるので、自分一人で就職活動を行うよりも断然、有利に就職を決める事ができます。

自分一人では収集する事ができない情報も豊富に収集する事ができるので就職支援サービスを利用する価値は十分にあります。

特に職歴なしから就職を目指しているフリーターさんにとって就職支援サービスは心強い味方になってくれる事は間違いないので是非、上記でご紹介した3つの就職支援サービスを利用して有利に就職を決めてもらいたいと思います。

職歴なしフリーターからでも就職を決められる理由

職歴なし・フリーターと聞くとよいイメージはありませんよね。もちろん、企業も職歴なし・フリーターには良い印象は持ちません。

このよう状況の中、どうして職歴なしのフリーターは就職を決められるのでしょうか。

実は就職支援サービスで見つける事ができる求人のほとんどがポテンシャル採用を実施している企業の求人になるんですね。

ポテンシャル採用とはこれまでのキャリアを重視して人選を行うキャリア採用とは真逆の採用方法になり、人柄や可能性、仕事への意欲が重視される採用方法です。

ですので、職歴がないフリーターさんでも企業が求める人物像とマッチングしていれば採用をもらうことができるんですね。

未経験者を歓迎している求人や学歴や経歴が不問の求人はポテンシャル採用を行っている企業の求人になることが多いので職歴なしのフリーターから就職を目指している方には未経験求人や学歴・経歴不問の求人を中心に求人を探してほしいと思います。

職歴なしフリーターの就職ポイント

スキルや経験を身に付けながら就活を行う!

職歴なしからの就職はやはり不利になってしまいます。

この不利な状況を覆すためにもスキルや経験を身に付けながら就活を行なっていきましょう。

定番してはバイトをしながら就活を行う。たとえバイトでも実際に現場で仕事をしていく事になるのでそのお仕事のスキルを身に付ける事ができますし、社会人経験も積む事ができます。

接客業だと礼儀作法や言葉遣いなど、社会人に必要最低限のスキルも身に付ける事ができますし、他の職種のバイトでも様々なスキルと経験を身に付ける事ができ、その身に付けたスキルと経験を就職に活かせば有利に就職を決める事ができます。

他にも今ではスキルを身に付ける事ができる短期スクールや職業訓練所なども数多く誕生しているので短期スクールや職業訓練所に通いながら就活を行うのもいいでしょう。

職業訓練所では就職の斡旋も行なっているのでスムーズに就職を決められる可能性もありますよ。

スキルなし、経験なしという状況よりも少しでもスキル、経験があれば就職の成功確率はアップしますので、バイトやスクールでスキルや経験を積みながら就活を行う事も選択肢にいれて就活を行なってほしいと思います。

就職したい!そう思ったらすぐに行動する!

1日でも早く就職するにはすぐに行動に移すことが必須です。

就職の成功率は行動量と比例していて、行動量が多ければ多いほど、就職の成功確率は高くなります。

ですので、1日でも早く就職したいのであればすぐに就活をスタートしましょう。

上記でご紹介してきたように、就職支援サービスに登録をする、スキルや経験を積むなど。すぐに行動できればそれだけ早く就職を決める事ができますよ。

現在、職歴なしからの就職を目指している方には1日でも早く就活をスタートさせ、1日でも早く就職を決めてもらいたいと思います。

職歴なし。空白時間をうまく説明するには?

『ポジティブな答え』で企業に好印象を与える!

職歴がないと面接時に「その期間なにをしていたのか?」という質問が必ずされます。

職歴がない人にとっては答えづらい厄介な質問ですよね。

しかし、この質問にうまく答える事ができれば職歴なしというマイナスをプラスに変えられる事もあるのでこの質問の答えは慎重に考え、そして、答えるようにしましょう。

では、空白時間をうまく説明するにはどうすればいいのでしょうか?

企業の採用担当者にプラスの印象を与えられる答え方としてご紹介したいのが『ポジティブな答え』にするということ。

ただ「なにもしていませんでした」「やりたいことがなかったからです」というようなネガティブな答えになってしまい、採用担当者にはマイナスのイメージを与えてしまいます。

このネガティブな答えをポジティブな答えに変える事ができれば採用担当者にプラスの印象を与えることができます。

例えば、

「自分が本当にやりたい事を見つける時間に充てていました」
「資格、スキルを身に付けるために勉強していました」
「再度、自分を見つめ直し、社会人に必要なスキルを身に付けるバイトをしていました」

というような答えにすると、意味のある時間を過ごしていたということでポジティブな印象を与える事ができ、プラスの評価に繋げる事ができます。

このように答え方次第で企業の採用担当者に与える印象を大きく変える事ができるんですね。

職歴なしという状況からの就職はどうしても不利になりますが、空白時間になにをやっていたのかを明確に答える事でこの不利な状況を覆すこともできるので空白時間になにをしていたのか?という質問も答えは事前に用意しておきましょう。

【関連ページ】
転職したいけど何がしたいかわからない・・・
効率よく仕事探しを行うにはどうすればいいですか?
手に職をつけられるフリーターの転職先はココ!
フリータ-からの転職を成功させている人の特徴と共通点
20代フリーターにおすすめの就職支援サービス