転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!
転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介! > フリーター 転職 > フリータ-からの転職を成功させている人の特徴と共通点

フリータ-からの転職を成功させている人の特徴と共通点


転職を成功させているフリーターってどんな人?

転職活動の行動量=就職成功の確率

転職をするためにフリーターになった。仕事をしながら転職活動を行うのが無理だからフリーターになった。もしくは転職が決まらずフリーターになってしまった。

このような理由で現在、フリーターとして転職活動を行なっている方もいる事でしょう。

今ではフリーターを支援してくれる転職エージェントなども多くありますが、転職エージェントを利用したからといって必ず転職が成功するとは限りません。

転職エージェントは悪までも転職をサポートしてくれるサービスになり、大事なのは自分で積極的に行動することです。

『転職活動の行動量=就職成功の確率』になり、自分から積極的に転職活動を行う事ができればそれだけ転職の成功確率はアップします。

転職エージェントに頼りっきりにならないで自分自身でも行動しなければ転職は成功しません。

ここでは、フリータ-からの転職を成功させている人の特徴と共通点をご紹介しています。現在、転職を望んでいるフリーターさん、もしくは転職を決めたいと望むフリーターさんの参考にして頂きたいと思います。

積極的に行動できる人

先ほども述べましたが、『転職活動の行動量=就職成功の確率』になります。

転職の行動量と転職成功の確率は比例していて、行動量が多ければ多いほど、転職成功の確率を高くする事ができるんですね。

ですので、自分から積極的に行動できるか、できないか、が転職成功の大きなポイントになってきます。

転職活動においては、求人に関する情報を収集する事や転職に役立つ情報やノウハウを収集する、セミナーや企業説明会に参加する、先輩社会人に話を聞くなど、転職を成功させるための行動を起こすことが大事です。

自分から積極的に行動を起こして、様々な情報を収集する事ができれば新しい発見もあり、有利に転職活動を行なって行く事ができるでしょう。

転職活動を行なっている中で自分の転職に活かす事ができる情報があればすぐに活用して少しでも有利に転職活動を進めていきましょう。

今では転職エージェントから様々な転職ノウハウを収集する事もできますし、ネットやSNSを利用して情報収集を行う事もできます。書籍や新聞、雑誌からでも情報を収集する事も可能でしょう。

利用できるものはフル活用して転職の成功確率を高くしていきましょう。

自己分析・企業研究をしっかり行なえている人

転職をする時、自己分析を行う事は必須です。

自己分析とは自分自身を分析すること。どんな性格でどんな人間性を持っているのか、他にも長所や短所、特技、趣味はなにか、どんな事に興味をもち、どんな事にやりがいを感じるのかなど、自分自身の事を知るために行うことです。

この自己分析がうまくできていれば仕事探しがスムーズに行う事ができるんですね。

人はそれぞれで性格や人間性が違いますよね、性格や人間性によって仕事にも向き・不向きがあり、自分の性格にマッチングした仕事を見つけなければ転職の成功確率は下がってしまいます。

人材募集をしている企業も自社の仕事に向いていない人は欲しがりません。人選時に企業が求める人物像にどれだけマッチングしているのかという事が採用・不採用の判断材料になるんですね。

自己分析をする事で自分自身の事を知る事ができ、おのずと自分に合った仕事がなにかを把握する事ができます。

それに加えて、企業研究も入念に行い、企業が求めている人物像と照らし合わせながら仕事探しを行なえば採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

現在、転職を決める事ができないで悩んでいるフリーターさんの中にはこの部分が不採用の原因になっている事も考えられるので自己分析と企業研究を入念に行って自分に合った仕事を見つけましょう。

社会人に最低限必要なビジネスマナーが身に付いている人

フリーターからの転職の場合、ビジネスマナーがどのくらい身に付いているのか?という事も採用の判断材料になります。

特に面接の場ではビジネスマナーが身に付いているのかを面接官に確認されます。もちろん、ビジネスマナーが身に付いていなければマイナス評価に繋がってしまうので注意してください。

身だしなみや礼儀作法をはじめ、言葉遣いや話し方、立ち振る舞い方など、チェックされる事は多いので面接に挑む時は必要最低限のビジネスマナーを身に付けておくことは必須です。

ビジネスマナーを身に付けていると面接官に与える第一印象も良くなるので転職成功のポイントの一つとして『ビジネスマナーを身に付ける』という事も頭に入れておいてください。

素直な人

素直な人とひとことで言ってしまうと抽象的ですが、転職を成功させるには素直さも色々な意味で必要になります。

例えば、転職エージェントからもらう指摘を素直に受け入れられない人がいます。自分が行なっている転職活動や求人探しに自信を持っていて、転職エージェントからのアドバイスや指摘に耳を貸さないという人はいつまでも転職を決める事ができないでしょう。

転職エージェントはこれまでに何人ものフリーターを転職成功に導いてきた実績があります。転職に失敗したフリーターさんも見ています。今までの転職ノウハウをもとに様々なアドバイスや指摘をくれるのでどれもタメになるアドバイスや指摘ばかりなんですね。

ですので、転職エージェントからのアドバイスや指摘は素直に受け入れる事が必要です。そして、改善できるところから改善していけば転職の成功確率を高くする事ができるでしょう。

また、企業の採用担当者や面接官も素直な人材には好感を抱く傾向があります。面接時にプラスの評価をもらうために偽りの自分を演じる人もいますが、採用担当者や面接官は人選のプロです。ウソはすぐに見極められ、逆にマイナスの印象を与えてしまう事になるでしょう。

面接時、できない事はできない、知らない事は知らない、と素直に答える事は決して悪い事ではありません。むしろ、その素直さが好感を与える事もあるので見栄を張ったりしないで素直な気持ちで面接に挑むようにしましょう。

今の自分に合った求人にエントリーーしている人

フリーターからの転職を成功させるには今の自分の状況をしっかり受け入れて求人探しを行なうことが大事です。

身の丈以上の求人にエントリーしたり、高望みをしているフリーターさんはなかなか採用をもらえない傾向にあるので、今の自分の状況を把握してから求人探しをスタートしましょう。

上記でも述べましたが、求人探しをする時に自己分析と企業研究を入念に行ない、自分の人間性やこれまでのキャリアで身に付けてきたスキルと企業が求める人物像を照らし合わせながら求人探しを行なうと採用をもらえる可能性は高くなりますよ。

転職に妥協はしてはいけませんが、自分のスキルと企業が求める人物像があまりにもかけ離れていると採用をもらう事はできませんので今の自分に合った求人を中心に探して採用を勝ち取りましょう。