転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!

転職エージェントを利用するメリット・デメリット


転職エージェントのメリットとデメリットってなに?

転職エージェントを味方に付けて転職を成功させている人は多くいる!

転職の心強い味方になってくれる転職エージェント。

転職エージェントの数が増えてきている現在、転職エージェントを味方に付けて転職を成功させている人は実に多くいます。

大手転職エージェントとして有名なのが、

業界大手で有名な転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • DODA

転職をお考えの方なら一度は目にしたことがある名前だと思います。

この3つの転職エージェントはそれぞれで特徴や強み、魅力は異なってきますが、いずれも転職支援の実績が確かにある転職エージェントになり、毎年多くの転職者がこの3つの転職エージェントを利用して転職活動を行なっています。

転職エージェントを利用するメリットってなに?

転職エージェントは無料で利用できる!

転職エージェントで受けられるサポートはすべて無料です。転職を希望している人なら誰でも無料で利用する事ができます。

企業が人材紹介の成功報酬として転職エージェントに費用を払うので利用者からは一切、お金を取らないシステムになっているんですね。

ですので、お金の事を気にしないで転職エージェントを利用する事ができます。

無料で利用できる。転職エージェントを利用する大きなメリットだと言えます。

非公開求人を見つける事ができる!

転職エージェントでは非公開求人という、一般には公開されていない独占案件の求人を持っています。

この非公開求人は転職エージェントの利用者のみに公開されるので非公開求人も見つける事ができればより有利に求人探しを行なう事ができるんですね。

大手企業の求人、有名企業の求人、好条件・高待遇の求人が非公開求人として扱われる傾向があり、転職エージェントを利用することで幅を広げて求人探しを行なう事ができ、大手企業の求人と巡り合える可能性も高いです。

ちなみにリクルートエージェントでは扱っている求人の80%が非公開求人になるのでリクルートエージェントを利用する価値は十分にあると言えるでしょう。

応募書類(履歴書・職務系隷書など)の作成サポートがある!

転職に付きものでもある応募書類(履歴書・職務系隷書など)。採用の判断材料になるものでもあります。

現在、転職をお考えの方の中には応募書類の作成に頭を悩まされているという方も多いと思います。

そんな方の心強い味方になってくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントには様々な転職ノウハウがあり、採用に有利な応募書類を作成する事ができるんですね。専任コンサルタンからも作成サポートを受ける事ができるので自分一人では作成する事ができない応募書類を作成する事ができるでしょう。

先ほども述べましたが、応募書類は採用の判断材料になるものです。採用担当者に好印象を与える事ができる応募書類を作成する事ができれば転職成功に大きく近づく事ができますよ。

企業の社内雰囲気など内部情報を収集できる!

転職エージェントに掲載されている求人は応募の審査にとった企業の求人です。そのため、転職エージェントは企業の内部情報に詳しいんですね。

企業の仕事内容や沿革といった求人から知る事ができる情報以外にも職場の雰囲気や人間関係、離職率や定着率などの情報も収集する事ができます。

事前にこうした情報を収集できれば自分に合った企業なのかを求人にエントリーする前に見極める事ができるので後悔のしない企業選びを行う事ができるでしょう。

転職の相談も親身になって乗ってくれる!

転職エージェントで受けられるサポートは転職のサポートだけではありません。

転職に関する悩みや不安などの相談にも親身なって乗ってくれます。

あなた目線になって的確なアドバイスや指摘をもらう事ができるので悩みや不安を解消しながら転職活動を進めていく事ができるでしょう。

転職エージェントは転職サポートのプロですのですぐに悩みや不安を解消する事ができますよ。

転職エージェントのデメリット

学歴や経歴によって紹介される企業が変わってくる!

転職エージェントでは登録時に自分自身のプロフィールを登録します。

学歴や経歴、自己PRなどを登録する事になるのですが、転職エージェントはこのプロフィールのデータをもとにして求人を紹介してくれます。

ですので、今までとは違う職種に転職したい場合は自分からコンサルタントに伝えなければいけません。

最近では転職したい職種を事前に聞いてくれる転職エージェントも増えていますが、そうではない場合は自分から希望を伝えるようにしましょう。

転職エージェントの面談を受けなければならない!

転職エージェントに登録をすると、ます面談(カウンセリング)が設定されます。直接、面談をして今までのキャリアや転職希望を伝える事になります。

しかし、在職中の場合、なかなか面談に行く事ができず、転職活動が進まないという事があります。地方の方なら特にです。

転職エージェントの中には面談を受ける事が必須になっている所もあり、面談を受けなければ本格的に転職サポートを受ける事はできません。

こうした事も転職エージェントにデメリットになります。

転職エージェントの強みを押し付けられることがある!

転職エージェントにはそれぞれ強みや特徴があります。

業界に太いパイプを持っている転職エージェントもあり、紹介してもらえる求人に偏りが出てしまう事があります。

自分が希望する条件とマッチングしていればスムーズに転職を決める事ができる可能性がありますが、自分が求める条件と違う場合はミスマッチになってしまいます。

ですので、紹介された求人をありのまま紹介されるのではなく、自分でその求人を見極める事も必要になりますね。

転職エージェントのメリットをうまく活用して転職を有利に決める!

転職エージェントはデメリットよりもメリットの方が多くある!

上記でご紹介してきた事が転職エージェントのメリットとデメリットになります。

転職エージェントのメリットは転職者にとってどれも魅力的なものになると思いますので、このメリットをうまく活用して有利に転職を行なってほしいと思います。

そして、自分でデメリットを回避する事も忘れてはいけません。

自分が希望する条件の求人を紹介してもらえない場合は自分からコンサルタントに相談をすることで自分が希望する条件に見合った求人を紹介してもらえるようになりますよ。

転職エージェントはデメリットよりもメリットの方が多くあるので転職エージェントのメリットをうまく活用してより有利に転職を決めてほしいと思います。