転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!

30代の転職ポイント


30代の転職は今後の人生を大きく左右します!

企業選びは慎重に!

30代の転職は今後の人生を大きく左右します。転職に失敗してしまうと前職よりも年収ダウンがしたり、キャリアアップもできない可能性があり、なにも意味のない転職になってしまいます。

転職に失敗したからまた転職をしようと思っても30代はそう何度も転職を行う事はできません。一度の転職で納得のいく転職をする事が大事なんですね。

そのためにも企業選びは慎重に行う事が必要です。

求人に掲載されている情報だけを見てその企業の事を判断しないで、しっかり企業研究を行い、その企業が自分に合った企業なのかを見極める事が重要です。

今ではホームページやSNSを利用して企業の情報を発信している企業も多いのでまずはホームページやSNSをチェックしてみるといいでしょう。

他にもネットを活用することでも企業の情報を収集することができるので企業研究は怠らないでできるだけ多くの情報を収集しましょう。

そして、自分に合った企業なのかを見極めてから求人にエントリーするようにしましょう。

転職を安易に考えてはいけません。安易な考えで企業選びをしてしまうと転職が失敗してしまう可能性は高いので企業選びは慎重に、そして、入念に行うようにしましょう。

意味のある転職をする事が重要!

人それぞれ転職をする理由は異なると思います。現在、転職をお考えの方も転職理由はそれぞれでしょう。

年収をアップしたい、キャリアアップをしたい、労働環境が整っている企業で働きたいなど、様々な転職理由があると思いますが、転職をするからには必ず目的を達成しましょう。

そうでなければ、意味のない転職になってしまい、転職の目的も達成する事ができないでしょう。

その結果、またすぐに転職をしたい気持ちになってしまいます。先ほども述べましたが、30代はそう何度も転職を繰り返す事はできません。

一度の転職で納得のいく転職をするためにも意味のある転職を行いましょう。

年収アップが目的なら今よりも年収が高い企業に転職をする、キャリアアップが目的なら今よりもワンランク上のステージで仕事ができる企業に転職をする、労働環境が整っている企業で働きたいのであれば残業やない企業、休日がしっかり取れる企業に転職するなど、転職の目的をしっかり達成できる企業に転職する事が必要です。

『意味のある転職=転職成功』になるので転職の目的を明確にして、その目的を達成できる転職を行うようにしましょう。

転職エージェントを味方に付けてより有利に転職する!

30代転職におすすめの転職エージェントはココ!

現在、様々な転職エージェントが誕生しているので、転職を行いやすい環境は整っています。

30代の転職をサポートしてくれる転職エージェントも多くあるので転職エージェントを味方に付けて転職を行う事をおすすめします。

転職エージェントでは様々な転職サポート(求人の紹介、応募書類の作成サポート、面接対策など)を受ける事ができるので転職の心強い味方になってくれる事は間違いありません。

また、キャリアプランの提案、転職に関する悩みや不安の相談なども転職エージェントでは行なってくれるので転職成功の確率を大幅にアップさせる事ができますよ。

30代におすすめの転職エージェントしてご紹介したいのが、

⇒リクルートエージェント(業界最大手の転職エージェント)
⇒DODA(求人数とサポートが定評の転職エージェント)
⇒JACリクルートメント(高年収求人、海外求人が見れるハイクラス転職エージェント)
⇒ビズリーチ(管理職求人やグローバル求人を中心に扱っている転職エージェント)

以上の4つの転職エージェントになります。

いずれも業界ではトップクラスの転職エージェントになり、転職支援の実績もしっかりあります。

見つける事ができる求人も豊富で、高年収求人や管理職求人、優良企業の求人などもしっかり見つける事ができるので30代転職にピッタリの転職エージェントになります。

企業が30代の転職者に求める事

中途採用の多くが即戦力になる人材を求めている!

30代の転職を成功させるためには企業が求める人物像を把握すること大事です。

企業が30代の転職者に求める事は「即戦力になる事」です。中途採用で人材を募集している企業の多くが即戦力になる人材を求めているんですね。

30代となると企業では若手ではなく中堅です。企業は様々な事を30代の社員に求め、30代は企業の先頭に立たなければいけない立場になります。

このように企業が30代に求める事は即戦力になる事です。

志望動機や自己PR、面接で即戦力になる事をしっかりアピールする事ができれば採用をもらえる可能性も高くなるのでこれまでのキャリアの中で活かす事ができるスキルがあれば積極的にアピールしていきましょう。

他にも実務力や専門知識などに加え、リーダーシップも問われるのが30代の社会人です。業務課題の把握はもちろん、対応策や改善の提案など、マネジメント意識の有無やパフォーマンス向上への推進力も求められる傾向があるので、こうしたことも志望動機や自己PR、面接でアピールしていきましょう。