転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介!
転職マスターズ | 無料で使えるおすすめの転職エージェントをご紹介! > 20代 転職 > 20代の転職初心者が知っておきたい転職活動の基本

20代の転職初心者が知っておきたい転職活動の基本


転職初心者に知っておいてもらいたい転職活動の基本

転職を成功させるためにもしっかり準備を整えてから転職活動をスタートする!

初めて転職を行う20代の人は実に多いです。

新卒で就職してから3~4年を経て、スキルアップやキャリアアップを図るために転職をする20代や新しい事にチャレンジする20代の方は多いです。

一つのお仕事にこだわってスキルアップ、キャリアアップをしていく20代はもちろん、20代は将来性や可能性があるということで幅広く転職を行う事ができ、新しことにも全然チャレンジすることはできます。

未経験者を積極的に募集・採用している企業も多いですし、ポテンシャル採用を行なっている企業も増えてきているので他にやりたい事があるということで異業種のお仕事へ転職をする人もたくさんいます。

でも、実際に転職を行うとなると様々な不安や悩みが出てくると思います。初めて転職を行なうという20代は特にだと思います。

そんな転職初心者に知っておいてもらいたい転職活動の基本をここではご紹介したいと思います。

転職が成功するか、しないかであなたの今後の人生は大きく変わります。転職を成功させるためにもしっかり準備を整えてから転職活動を行なってほしいと思います。

転職サイトや転職エージェントは使うべき?

現在、ネットを利用して転職活動を行なっていく事ができます。転職サイトや転職エージェントも数多く誕生していて、転職者にとって頼もしい存在になってくれる事でしょう。

ですので、転職サイトや転職エージェントは使うべき?という疑問に対しての答えは「積極的に使うべき!」と言いたいです。

転職サイトや転職エージェントは膨大な求人情報を扱っていますし、転職に役立つ情報もしっかり収集する事ができます。転職エージェントにだと転職をサポートしてくれるアドバイザーもいるので自分一人で転職を行うよりも断然、有利に転職を決める事ができますよ。

【関連ページ】
転職エージェントとは?
どの転職エージェントを選べばいいの?
転職エージェントと転職サイトの違い

転職を行ないやすい時期はいつ?

1年を通して求人数が増える時期は2~3月と9~10月。この期間に転職活動をスタートすれば多くの求人を見つける事ができ、スムーズに転職を行う事ができるでしょう。

しかし、転職を行いやすい時期かというとそうではありません。

『求人数が多い=転職しやすい』ではないんですね。いくら多くの求人を見つける事ができても自分が探している求人、自分に合った求人がなければ転職は成功しません。

ですので、転職を行ないやすいという時期は特にありません。転職を決心したら積極的に情報収集、求人探しを行ない、自分が探している求人を見つけたらすぐにエントリーしましょう。

人気のある求人や希少な求人はすぐにエントリーが締め切られてしまう場合もあるので日頃から頻繁に求人探しを行なっていつでもエントリーできる準備をしておくことも大切です。

転職をする時、資格は持っておいた方がいい?

現在、様々な資格が存在します。民間資格、公的資格、国家資格。資格はこの3つの種類に分けられます。

資格が転職に必要なのか?と聞かれると必ずしもそうではありません。資格が必要な仕事もありますし、資格がなくても就ける仕事もあります。

まずは自分が転職したい仕事に資格が必要なのかを確認してみましょう。また、その職種に関連した資格がないのかも併せて確認してみてください。

資格は就職の武器にする事ができるのでたとえ、資格が不必要な仕事でも資格を持っていれば採用をもらえる可能性が出てきます。

特に未経験の職種への転職をお考えの方にとって資格はスキルを証明できるものでもあるので時間に余裕がある時や転職の成功率を上げたいという人には是非、資格を取得することも検討してもらいたいと思います。

大手企業に転職か?中小企業に転職か?どっちがいいの?

現在、転職を検討されている20代の方の中には大手企業への転職か?中小企業への転職か?で悩んでいる人も少なくはないと思います。

傍から見ると大手企業に転職できた方が良いと思われがちですが、実はそうではないんですね。

大事なのは転職先で自分がしたい事ができるか、できないかです。いくら大手企業に転職できたとしても自分のやりたい事ができなけれ仕事にやりがいを持つことができずにすぐに転職したいという気持ちが芽生えてしまう恐れがあります。

安定性や待遇などは大手企業の方が中小企業よりも勝っている傾向がありますが、中小企業にしかできない仕事というものもあります。

安定や高待遇を求めるのであれば大手企業への転職を選択してもいいですが、仕事にやりがいやスキルアップを求めるなら中小企業への転職も選択肢の中にいれてほしいと思います。